片付けができない人の気持ち

f:id:drinkmee:20160527130050j:image:w480

■私の配偶者が、なかなか決断できないという話を先日しました。彼はたいへんにプレッシャーに弱い、それも尋常でなく弱いらしい……ということも最近わかりました。知り合ってからかれこれ10年近く経つのに、未だにわからないことは多いものです。

■私の配偶者は「親が極度に批判的な場合、子どもがどう育つか」という症例ナンバーワンみたいな人だなーとつくづく感じます。ひとつ、面白い傾向として彼は、コピーをやたらに取りたがります。何か書類が来ると、すぐコピー。あまりにも頻繁にコピーセンターに出かけていくので、複合機を買いました。

■たいして重要ではない書類……例えば、単なる通知やちょっと高額の請求書やレシートまでコピーします。しかも1部ではなく2部も3部もとることがあります。コピーがあまりにも多すぎて、どれが本物かわからなくなることもあります。完全に本末転倒だと思うんですが。あと、いろいろなものをラミネート加工します。ちょっと大切なものだとすぐラミネート。そういうわけで、うちは膨大な数の書類とラミネートされた紙?プラスチック?がそこらじゅうに散らばっています。

■片付けができない人の気持ち、というのはたぶん「不安」なんだろうな……と彼を見ていて思います。私自身はわりと片付けておくほうですが、どういうわけか、私の周辺は片付けられない人が本当に多いです。「片付けられない」をはるかに超えて「ゴミの山に埋もれている」と表現したほうがいい人も珍しくなかったです。あまりにもひどいので、たいがいの場合、私がまず諦めます。そして自分の場所だけ「真空地帯」としてキレイにしておきます。

■大量のモノに囲まれていると、多分安心するんだと思うのですよね。手を伸ばす範囲ですべてが事足りる、という便利さもあるらしいですが。何かを無くすと、すぐ同じものを買ってくる……しかも安いものを買ってくるので、片付けや引っ越しのときに、ハサミやノリやパソコンのマウスが10も20も出てきたり。小銭があちこちに散らばっているというのもよくある傾向です。私は、自分の領域がそこそこ片付いていればOKなので、ほとんど文句を言いません。あと、仲良くなるのがなぜか片付けられない人、という不思議な傾向もあります。片付けられない人が好きなのかもしれません。