あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年の目標はどうしようかなー……と1月1日になってから考えていました。去年は「欲望を持ち続けよう」ということでした。何度でも言いますが、これは本当に大切なことで欲望がないと死んでしまいます。「欲望の強い人」ほど「欲を棄てよう」とか言うんですが、本当に捨ててしまうと死にますのでやめといたほうがいいです。その意味で「中曽根康弘元首相瀬戸内寂聴さんの顔がソックリ」と去年書いたんですが、やっぱり似てるよなーと思ってしまいます。

ところで、アメリカに住んでいたときに「どうしようもなく食べたくなったもの」がいくつかあります。特に食べたかったのが「たこ焼き」と「とんかつサンド」です。たこ焼きは、ニジヤとか東京フィッシュマーケットで冷凍品を買えます。でも、お店で食べる焼きたての「中がトロっ、外がカリッ」というのが食べたかったのです。日本に帰ってきてから、一時期たこ焼きばかり食べていました。とんかつサンドは「家で作れそうで作れないもの その一」だと思います。とんかつソースとキャベツとパンの「しなり具合」というかあのコンビネーションの絶妙さ具合が、なかなか再現できないのです。「まい泉」とか「肉の万世」っぽいのが食べたくて食べたくてたまりませんでした。
2013年、ようやく「西荻窪・丸福」のラーメンを食べられました。ものすごく好きで好きで、日本に帰ったら絶対に食べようと思っていたもの・その一です。その二とその三のラーメン屋さんは、もう無くなっていました。

今年は「我慢をしないで、相手に伝えよう」ということにします。女の人の9割以上は、多分、我慢して生きているんじゃないかと思います。でも、我慢しててもあんまりいいことがない……、と40数年生きてきてわかりました。「伝えた後でダメと言われた」なら、その時に考えるか交渉すればいいのです。快であろうが不快であろうが、「とりあえず伝える」というのは大切なことです。その意味で「諦める」のはやめよう、とも誓いました。何かを相手に伝えるのは「諦めない」ということと同義語でもあります。
話がちょっとずれますが、その意味で「文句を言われる」というのは本当にありがたいことだ、と私は身に沁みた経験があります。苦情でも炎上でも何でもいいので、とにかく何か言ってくれる人がいるのは、本当に本当にありがたいことなのです。
そういうわけで、明日も食べたいものを食べたいと言おう、と思ってます。
読んでくださる方々に、心から感謝を申し上げて新年のご挨拶です。今年もどうかよろしくお願い申し上げます!