嫌炭酸飲料までアメリカの「健康ヒステリー」が進むワケ

オバマ大統領が進めようとしている健康保険改革は、日本みたいに「貧乏な人でも平等に医者にかかれるようにしよう」という画期的なもの。

さて突然ですが、標準的な一家3〜4人の場合、アメリカで健康保険はいくらになるでしょう?
ちなみに収入は無関係。「どの程度カバーされる保険を選ぶか」によって、金額が変わってくる。
日本並みのプランを選ぶと、なんと月1000ドル以上になる。

こんだけ支払って、まだ1回ごとに自己負担で30-50ドルぐらいとられる。
しかも、保険がきく病院にしか行けない。つまりすぐホントの隣に病院があってもそこには行か(け)ず車や電車やバスを乗り継いで1時間とかかかる病院へ行かねばならないノデス。余談だが場合によっては、そうやってえっさかほっさかと通う病院なのに「金属探知機」が設置されているような場所だったりする(銃の持込が多いため)。
保険のきかない病院へ行くと、1回300ドルとか400ドルとかとられるわけです。レントゲン1枚とって300ドルとか請求されるというわけです。




日本では「ウチは病院なんかほとんど行かないのに、なんで医療保険こんなに払わなきゃいけないの」という人が既に出てきています。「ヤフー知恵袋」とかで主婦っぽい人が愚痴ってますね。

国民健康保険は、その人の収入に応じて金額が上下するので、収入の多い人はたくさん支払わなければならない。健康で収入の多い人が、不健康で収入の低い人を支える、という構造になっている。
知恵袋や小町で愚痴っている人の金額は、それでも家族4人で5万円とかその程度。

日本の国民健康保険は、本当に素晴らしい「支えあい」で成立しているのです。
いつでもどこでも、保険証さえあれば小額で病院にかかれるというのは(お金がないとたまにツケにしてくれる病院さえある)、ものすごいことなのです。

で、こういう仕組みをアメリカで実現しようとすると、貧乏な人が完全な「フリーライダー」になってしまう。
この国の貧乏な人たちは、想像を絶するほど教育がなく無知。つまり、健康に関する知識なんかゼロなので、水のかわりに「おいしいから」といって炭酸飲料とかを、ばこばこばこばこごきゅんごきゅうんと飲み続けるわけです。コーラ(ダイエットじゃないコーラ)を1日に1リットルとか2リットルとか水代わりに飲むわけです。そして太る。仕事もしないので動かない。太る。太って病気になる。そして病院へ頻繁にかかる。
肥満している、ということは「無知で(=貧乏なので〔だったので〕教育がない)健康管理ができない」ということなのです。
貧乏な人は、相対的に新しい移民(それも第三世界からの移民、それから黒人)が多いために、健康保険制度のために移民を制限する動きがでる可能性も懸念されていたりいなかったり。


で、こういう貧乏で無知な人を少しでも健康にして、健康保険制度を実現させよう、というのがオバマ大統領の試みです。
教育による改善が遠回りだけれども本当は根本的な解決。でも、時間がかかりすぎる(一般に教育による改善には3世代100年かかるといわれていますが、こちらはミセス・オバマが着手しますたね)。
で、手っ取り早く「炭酸飲料」に課税して、値段を高くして貧乏な人に買いにくくしてしまおう、と。

アメリカが抱える貧困と健康の問題は、間に「教育」を挟んで、かくも密接に結びついているのです。