雑感いろいろ。

日本は、1985年までは父系優先血統主義で、生まれた子どもの父親が日本人でなければ、日本国籍は取得できなかった。85年の改正で父母両系血統主義になったので、母親だけが日本人でも日本国籍は取得できるようになった。

1985年まで父系優先血統主義だったというのを最近知って、目の玉が飛び出るほどびっくりしたわけですが。

日本人になるのはものすごく難しいんですねー。ほとんど不可能。

そりゃー定住外国人参政権を、という話にもなりますね。



それはさておき、目の玉が飛び出るほどびっくりしたといえば、外国人にも子ども手当てを出すというお話。


http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100329/plt1003291201000-n2.htm


 日本語が話せないのに『子ども手当て』とだけ書いた紙を持参してくる人もいます


読んで思い出したのがコレ


http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200806190051.html

元のニュースはもうないのだけれど、西成あいりん地区での抗議行動のニュースです。


これまでも騒動に加わっていたという労働者の男性(65)は「いつも最後は何が

目的かわからなくなって、どんちゃん騒ぎみたいになってしまう。もっと違う抗議

の仕方があるのではないか」と話した。



このへんに、まだちょっと残ってます。

http://thedailysakyura.blog77.fc2.com/?mode=m&no=632

http://source-ore.seesaa.net/article/101115731.html



子ども手当てのそもそもの目的、って何だったんでしょうね?

もしかすると、面白くするためにわざとやってるんじゃないかと本気で思えてしまうのでした。


というようなことを考えながら今日も職探しをしていたら

「ふーん、金髪碧眼白人女性の卵子は8500ドルかー アジア人は7000ドルからなんだけどな」

と思ってしまうような広告を見つけて、「なんだかなー」という気分になったとさ。